development
自社ブランドD2C事業
コンセプト
「G-craft®」ネームの由来はGood craft です。
Craft(クラフト)という言葉は、手芸や工芸などの意味がありますが、もともとの意味は「技術や技巧」を指します。
G-craft®は単なる”製品レベル”に留まらず、それを手にしたあなたに 「使う歓び」を提供する事を目指します。
ヒストリー
G-craft® のスタート
2020年、Covid-19(新型コロナウィルス)が発生し、世界は未曾有の危機に見舞われました。
人々の働き方や生活様式は大きく変貌を余儀なく行われ、それまでにスマホなどのデバイス普及やネット速度の向上も相まって、ネット通販形態(D2C=Direct to Consumer)がより確立されました。

また、花粉症の季節や風邪予防の時にだけ着用していた「マスク」が人々の日常生活に不可欠なアイテムとなり、感染予防効果だけでなく、快適利便性やファッション性と多様なニーズが求められる時代に突入、「G-craftスタンレースカラーマスク」の開発がスタートしました。
「ファッション+機能利便性」を両立させたG-craft® ライフスタイルブランド
開発がスタートした翌年の2021年に、G-craft®はスパンレースカラーマスクをAmazon Japanで販売しました。

コロナ禍により外出時に殆どマスクを外すが出来ない環境下、感染予防対策はもちろん、肌荒れや息苦しさから解放出来、さらにその日の服装のコーディネートに合わせ、さらに室内のインテリアや取り出しがしやすいボックスをテーマに開発が行われました。

ウィルスや微生物のカット率を示す「BFE, VFE, PFE」だけでなく、通気性を示す「圧力損失Pa/m2」、さらに素材にも着目し、マスク表面に高貴な光沢感を持つ「スパンレース編み」、肌に直接触れる裏面には「高機能極細不織布」と「100%コットン素材」を採用。

使用するユーザーが「困っている事」、「こうだったらいいな」という目線に立ったモノづくりが、G-craft®のコンセプトです。
コンセプト
「GIGATECH®」ネームの由来はGIGA TECHNOLOGY です。
GIGA(ギガ)という単語は、元々古代ギリシア語の「大きな、巨大な」に由来します。
GIGATECH®は市場一般で出回っている製品を提供するだけに留まらず、常に進化する技術を駆使し、他社では対応出来ないようなニーズに対しても、お客様の「やりたい」をカタチにする事を目指します。
ヒストリー
GIGATECH® のスタート
当社が設立した2008年は、ちょうど京都議定書で定められた温室効果ガスを1990年に対し5%の削減をスタートさせた年でした。
GIGATECH®は、CO2排出削減に貢献するべく、それまでの水銀灯や白熱灯よりも消費電力が低いLED照明に特化したファブレスメーカーとして発足しました。
しかし、2008年の当時はLED照明の黎明期、技術的に克服しないといけない事が多くあり、演色性、光拡散性、放熱効率、発光効率など、これらの難題を克服しながらも、工場や事務所などで沢山ご採用して頂きました。
その後の市場ニーズの変化や技術向上に合わせて、GIGATECHⓇはデジタルサイネージ事業にも参入しました。
特注カスタマイズも可能なGIGATECH® 総合電子機材ブランド
現在では技術がさらに向上し、至る所でLEDが活用されています。LED照明のみならず、室内のみならず室外でも多くのLEDデジタルサイネージを目にします。

GIGATECH®は、LED照明とデジタルサイネージをはじめ、電子機材などの製品を市場のニーズに合わせてリリースしていきます。
特に設置現場のニーズに合わせたカスタマイズにも特化し、お客様が「やりたい」をカタチにしていくのが、GIGATECH®のコンセプトです。